SSL 証明書 ValueSSL

SSL証明書 クイックSSLプレミアム SSL証明書 後払い

SSL 証明書 ValueSSL

サーバー証明書は有効期間の終了日を過ぎますと、ブラウザでアクセスした際に 「このサイトのセキュリティ証明書には問題があります」などの警告メッセージが出ます。

継続して証明書をご利用になる場合は、証明書の有効期限が切れる前に、新しいサーバー証明書を取得して、 サーバに設定した証明書を置き換えてください。

サーバー証明書の有効期限の90日前から更新手続きができます。

更新の通知

サーバー証明書の有効期間の終了日の
  • 90日前
  • 60日前
  • 30日前
  • 10日前
に更新のご案内をメールでお知らせいたします。
更新のご案内メールは会員様のメールアドレス宛てに送付します。
メールに記載されたアドレスにアクセスして所定の更新手続きを行って下さい。

会員ページから更新手続きが簡単にできます。

会員ページにログインして、「更新検索」ボタンをクリックして下さい。
有効期限が90日以内に到来する注文の履歴が表示されます。
SSLサーバー証明書の簡単更新手続き

更新手続きボタンをクリックして、更新手続きを行って下さい。
申請責任者情報、技術担当者情報は前回と同じ場合は入力を省略できます。
ただし、CSRにつきましては、
更新用の新しいCSRを貼付して頂く必要があります。
前回と同じCSRを貼付することも可能ですが、セキュリティ上の理由から更新のたびに、毎回新しいCSRを作成して貼付して頂くことをおすすめ致します。

更新の手続き

更新の際にも新規取得時と同様の認証があります。

クイック発行の証明書
更新手続き後に、新規取得時と同様に「承認要請メール」が届きますのでメールに記載されたURLにアクセスして 「承認します」をクリックして下さい。

企業認証の証明書
更新手続き後に、新規取得時と同様に企業の認証(審査)があります。 必要に応じて書類の提出要請がありますので、すみやかに提出して下さい。 認証(審査)には1~14営業日要します。

■手続き期限の目安

(1) クイック発行の証明書
証明書の有効期限の5日前までに更新手続きを完了して下さい。

(2) 企業認証の証明書
証明書の有効期限の30日前までに更新手続きを完了して下さい。

証明書の更新では、有効期限より早めに更新しても有効期限までの日数は追加されますので、 早く更新することにより日数が無駄になることはありません。

更新による有効期間について

有効期間内に更新用の証明書を発行することになるため、 重複する期間に無駄がでない様に、あらかじめ長めの有効期間を設定して更新用の証明書が発行されます。 更新用に発行する証明書の有効期間は、利用中の証明書の有効期間残日数により上乗せ日数が異なります。

有効期間残日数 上乗せ日数
(a) 14日間以内 + 30日
(b) 15日間~44日間 + 60日
(c) 45日間~90日間 + 90日


計算例)
現行の証明書の終了日が2016年6月20日の場合
(1) 2016年4月1日に有効期間1年で更新受付完了
(2) 現行証明書の残存期間は80日(上乗せ日数(c)に該当)
(3) 更新用の証明書の発行完了日 2016年4月2日
(4) 更新用の証明書の有効期間は2016年4月2日~2017年7月1日

上記の例ですと、証明書の開始日から1年+90日後が終了日となります。
更新用の証明書が発行された日が証明開始の基準日となりますのでご注意下さい。
上記は例であり、実際には1日~2日ほどのずれが生じる場合がございます。

更新に際して証明書の種類を変更する場合

更新による有効期限の上乗せは原則として同じ種類の証明書に限ります。
違う証明書に変更する場合は、更新の扱いにならないため有効期限の上乗せがありません。

【参考例】
上乗せ 更新前の証明書の種類 更新後の証明書の種類
クイックSSLプレミアム クイックSSLプレミアム
トゥルービジネスID トゥルービジネスID
セキュア・サーバID セキュア・サーバID
× クイックSSLプレミアム RapidSSL
× トゥルービジネスID クイックSSLプレミアム
× セキュア・サーバID トゥルービジネスID

○は有効期限の上乗せがあります。
×は有効期限の上乗せがありません。

Copyright© 2014 ZERONET,Inc All Rights Reserved.