EV(Extended Validation)認証とは

SSL証明書 クイックSSLプレミアム SSL証明書 後払い

EV(Extended Validation)認証とは

EV(Extended Validation) 認証とはSSLサーバー証明書の発行時の認証基準として、CA/ブラウザフォーラムにより全世界で統一された認証基準です。EV(Extended Validation厳格な認証プロセスを経て発行されます。

EV SSLサーバー証明書 申請責任者確認書の提出

EV SSLサーバー証明書 申請責任者確認書は、 組織・団体として EV SSLサーバー証明書 を申請する権限を、申請責任者に委譲することに承認する書類です。 認証の過程で、発行機関から 「署名権限確認者(*1) 」 宛に 『申請責任者確認書』 のフォーマットを送付します。 必要事項を記入して返送して下さい。
(*1) 署名権限確認者とは
「署名権限確認者」は、 申請団体に所属する部長職以上の方で「登記事項証明書」に名前の記載のある方として下さい。 公共団体の場合は、職員録に個人名の登録がある局長職の方として下さい。
「署名権限確認者」と「申請責任者」が同じ場合は「申請責任者確認書」の提出は必要ございません。

英文組織名の確認

CSR作成時にOrganization フィールドに入力のある、申請組織の英文組織名は以下の確認を行います。

■認知された英文組織名
  1. 有価証券報告書(EDINET) に登録された英文組織名
    原則1年以内に金融庁に提出した有価証券報告書(半期報告書でも可)が、 EDINET で閲覧できるかどうかを確認してください。
  2. 定款に記載された英文組織名
    最新の定款に英文商号の記載があるかを確認してください。
    定款に記載された英文組織名がある場合は、代表者印にて原本証明された定款をご提出ください。
  3. 登記事項証明書の「英文字商号」
    登記上の商号が英文字表記の場合は、商号に株式会社(K.K.)の略字を追加します。
    例)
    ABC株式会社 → ABC K.K.
    株式会社XYZ → K.K. XYZ

上記1~3の認知された英文組織名を確認できない場合は、以下のローマ字訳の組織名で申請して下さい。
  1. DUNSまたは帝国データバンク(COSMOSNET2000)で 確認できるローマ字訳の組織名。(状況によりまして「弁護士意見書」などの提出が必要です)
  2. 「弁護士意見書」で表明された組織のローマ字訳の組織名。
※ ローマ字表記組織名の確認については、お客さまでわかりづらい場合は事前に弊社サポートまでお問い合わせください。

ドメイン名所有名義の確認


WHOISデータベースに掲載されているドメイン名の所有名義が、申請企業/団体名と完全一致するかを確認します。 確認方法はドメイン名の種類などにより異なります。下表より該当する確認方法をクリックしてください。

ドメインの種類 確認方法
.com,.net 確認方法の詳細ページ を参照してください
.org .ORG WHOIS Database Search の枠内で該当ドメイン名を検索します
.biz .BIZ Registry WHOIS で該当ドメイン名を検索します
.info .INFO WHOIS Search で該当ドメイン名を検索します
.jp(co.jp,ac.jp,or.jp など含む) JPRS WHOISサービス で該当ドメイン名を検索します
その他TLD(ccTLDなど) 確認方法の詳細ページ を参照してください
.ne.jp .ne.jp ドメインの所有者情報は、WHOISデータベースで非公開となっているため、 データベースによる確認はできません。
ne.jpドメインの場合はJPRS情報開示書の提出が必要な場合がございます。

  • WHOISの登録名義が申請企業と異なる場合は、可能であれば証明書のお申込み前に申請企業/団体の名義に変更して下さい。
  • ドメインの登録機関の情報公開代行サービスなどを利用されている場合は、 証明書のお申込前にこれらの代行サービスを解除して、 ドメインの所有者情報がWHOISで確認できるようにしてください。
  • WHOISデータベースで公開されているドメイン名の所有名義が、証明書の申請企業/団体名と一致しない場合は、 認証ができません。

企業の実在性の確認

原則として申請時には以下の場合を除き、登記事項証明書の提出が必要です。
  1. DUNS番号が登録されている申請団体。
  2. 帝国データバンク(COSMOSNET2000)に登録されている申請団体。
  3. 申請団体が国公立大学・高校の場合。
DUNS番号(D-U-N-S Number)とは 全世界の多くの企業、政府が、データベース上で企業を識別する手段として採用している、 世界標準の企業識別コードです。 ジオトラスト本社・ベリサイン本社では認証(審査)時の調査にD-U-N-S Numberを採用しています。

DUNS番号の取得は下記のダン アンド ブラッドストリートTSR株式会社のページをご参照下さい。
D&BTSR | ダン アンド ブラッドストリートTSR株式会社
http://www.dnbtsr.com/index.html

DUNS番号申請費 スタンダード 3,000円
※申請費についての最新情報はダン アンド ブラッドストリートTSR株式会社でご確認下さい。
※自社申請がなくても、上場企業の場合はすでに登録されています。
※上場企業以外でも設立から長期年数が経過している場合は登録されています。

申請企業/団体の電話番号の確認

■電話番号の確認
申請企業/団体の電話番号をNTTなどの第三者データベースで照会いたします。
NTTなどで申請企業/団体の代表電話番号の確認ができない場合は、以下の書類を提出をお願いします。

【提出書類】弁護士意見書による申請企業/団体の代表電話番号の証明が必要になります。

企業の申請責任者への電話確認


  1. 確認した番号に電話をし、人事・総務部門などで申請責任者の在籍・役職・連絡先を確認します。
  2. 人事・総務部門で確認した連絡先から、申請責任者に電話をかけ、申請責任者本人に申請内容の確認をいたします。

技術担当者への電話確認


  1. 技術担当者に電話をかけ、技術担当者本人に申請内容の確認をする場合がございます。


書類提出について

認証の過程において書類提出の要請がありましたら、速やかにご提出いただきますようお願い致します。
【ご注意】
申請受付日から2週間以上経過しても書類提出がない場合には、発行機関から申請を取り消されますのでご注意下さい。
【提出方法】
以下の(1)~(3)のいずれかの方法でご提出下さい。
(1) メール添付で送信(推奨)
提出書類をPDF等に電子化してからメールに添付して送信して下さい。

(宛先)
メールアドレス support@ssl-process.com 宛て
(2) FAXで送信
提出書類を紙面で以下までFAX送信して下さい。
送信後に support@ssl-process.com までご一報下さい。

(宛先)
ZERONET株式会社 ValueSSL事業部
FAX番号: 0598-58-4123
(3) 郵送または宅配便で送付
提出書類を紙面で以下まで送付して下さい。
郵送の場合は「配達記録郵便」「簡易書留」など配達状況を確認できる方法で送付して下さい。
送付後に support@ssl-process.com までご一報下さい。

(宛先)
ZERONET株式会社 ValueSSL事業部
〒515-0846
三重県松阪市深長町567-1
電話番号: 0598-58-0840

Copyright© 2014 ZERONET,Inc All Rights Reserved.