SSL 証明書 ValueSSL

SSL証明書 クイックSSLプレミアム SSL証明書 後払い

他の代理店で取得した証明書の更新


他社で取得された下記のジオトラスト社、ベリサイン社、Thawte社の証明書を当社サイトで更新できます。 早めに更新されましても残存期間が無駄にならないように有効期限の上乗せがあります。
  • RapidSSL
  • RapidSSLワイルドカード
  • クイックSSLプレミアム
  • トゥルービジネスID
  • トゥルービジネスID EV
  • トゥルービジネスIDワイルドカード
  • セキュア・サーバID
  • グローバル・サーバID
  • セキュア・サーバID EV
  • グローバル・サーバID EV
  • Thawte SSL123
  • Thawte SSL ウェブサーバ
  • Thawte SSL ウェブサーバ ワイルドカード

証明書の有効期限が切れる前に、新しいサーバー証明書を取得して、 サーバに設定した証明書を置き換えてください。

サーバー証明書の有効期限の90日前から更新のお申込みができます。

注文の手順

お申込み時の申請区分は「更新」にチェックして下さい。
認証局のシステムでコモンネームから更新判別をしまして、 更新区分に該当する場合は、証明書に有効期間が上乗せされて新しい証明書が発行されます。 すでに有効期限切れとなり、有効期限の終了日から14日以上経過している場合には、新規取得の扱いとなり有効期限の上乗せがありません。

更新に際して証明書の種類を変更する場合

更新による有効期限の上乗せは原則として同じ種類の証明書に限ります。
違う証明書に変更する場合は、新規取得の扱いとなり有効期限の上乗せがありません。

【参考例】
上乗せ 更新前の証明書の種類 更新後の証明書の種類
クイックSSLプレミアム クイックSSLプレミアム
トゥルービジネスID トゥルービジネスID
セキュア・サーバID セキュア・サーバID
× クイックSSLプレミアム RapidSSL
× トゥルービジネスID クイックSSLプレミアム
× セキュア・サーバID トゥルービジネスID

○は有効期限の上乗せがあります。
×は有効期限の上乗せがありません。

更新の手続き期限

更新の際にも新規取得時と同様の手続きが必要です。

クイック発行の証明書
受付完了後に、「承認要請メール」が届きますのでメールに記載されたURLにアクセスして 「承認します」をクリックして下さい。

認証(審査)のある証明書
受付完了後に、企業の実在性を証明するための認証(審査)があります。 必要に応じて書類の提出要請がありますので、すみやかに提出して下さい。

■手続き期限の目安

(1) クイック発行の証明書
証明書の有効期限の5日前までにお申込み下さい。

(2) 認証(審査)発行の証明書
証明書の有効期限の30日前までにお申込み下さい。

証明書の更新では、有効期限より早めに更新しても有効期限までの日数は追加されますので、 早く更新することにより日数が無駄になることはありません。

更新による有効期間について

有効期間内に更新用の証明書を発行することになるため、 重複する期間に無駄がでない様に、あらかじめ長めの有効期間を設定して更新用の証明書が発行されます。 更新用に発行する証明書の有効期間は、利用中の証明書の有効期間残数により延長日数が異なります。

有効期間残日数 追加される日数
14日間以内 (本来の有効期間) + 30日
15日間~45日間 (本来の有効期間) + 60日
45日間~90日間 (本来の有効期間) + 90日

Copyright© 2014 ZERONET,Inc All Rights Reserved.